民主党候補指名争いバイデン躍進…サンダースに勝機あるか

公開日: 更新日:

 天王山だった――。米大統領選の民主党候補指名争いを巡り、きのう(4日=現地時間3日)投開票が行われた「スーパーチューズデー」。14州の予備選などが集中した前半戦の“ヤマ場”だったが、候補者同士の接戦はまだ続きそうだ。

 指名争いの予備選や党員集会では、各候補者が各州ごとに振り分けられた代議員3979人を争奪する。指名確実に必要な過半数(1991人)のうち、「スーパーチューズデー」は1357人が対象だった。

 若者からの支持が根強い急進派サンダース上院議員(78)が3州で勝利したものの、中道派一本化で勢いに乗るバイデン前副大統領(77)が10州で勝利。猛烈な追い上げを見せた。国際ジャーナリストの堀田佳男氏がこう言う。

「バイデン氏はオバマ政権で副大統領を務めた経験を生かし、南部諸州の黒人有権者をうまく取り込みました。民主党支持層は、候補者が本選でトランプに勝てるかどうかが最大の関心事です。急進左派のサンダース氏が本選に出ても、穏健派や無党派層を取り込めないと判断したのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る