「新型コロナが好きだ」世界を不安に陥れるトランプの錯乱

公開日: 更新日:

 新型コロナで米国がパニックだ。ワシントン州やイリノイ州などあちこちの州が非常事態宣言を発令。感染者はあっという間に1000人の大台を突破した。

 こうした中、密かに動き始めたのがニューヨーク市。囚人を使って死者を埋葬するというのだ。国際政治経済学者の浜田和幸氏が言う。

「ニューヨーク市には『非常事態対応シナリオ』という制度があり、伝染病などで大勢が死亡した場合、服役中の囚人を使って遺体を埋葬できることになっています。デブラシオ市長は着々と準備を整えていて、遺体は葬儀をせずにニューヨーク湾のハートアイランドという島に運び、地面に穴を掘って埋葬。囚人は時給1ドルで働くことになります」

 米国民を不安にしているのがトランプの精神状態だ。先週、南部ジョージア州のCDC(疾病対策センター)を視察した際の会見で「われわれはあらゆることに対して十分に準備ができている」と語ったと報じられたが、実はかなり支離滅裂だった。浜田氏によると「俺には自然から与えられた特殊な能力があり、新型コロナについては医師よりもよく知っている」と語り、聞かれてもいないのに自分にはMIT(マサチューセッツ工科大学)勤務の偉大なオジがいたなどと自慢話をペラペラ。しまいには「新型コロナが好きだ」と口走ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る