小池都知事に“学歴詐称”疑惑再燃「卒論なかった」は本当か

公開日: 更新日:

 新型コロナ蔓延の影響で東京五輪の開催が危うくなり、小池都知事は壊れたレコードのように「中止はあり得ない」と繰り返している。表情には焦りがにじむが、ここへきて、以前からくすぶる「学歴詐称」疑惑まで再燃しそうな気配だ。

 複数メディアが報じている学歴詐称疑惑とは、小池氏は自著などの経歴に「1976年、エジプトのカイロ大学卒」と記しているが、実際は卒業していなかったのではないか――という内容だ。この問題を12日の都議会予算特別委員会で自民党議員が追及。「(カイロ大を)卒業したのなら、卒論は書いたのか。書いたのならそのテーマは何か」と質問された小池氏は、「卒論という制度は学部、学科によって異なる。私が卒業した文学部社会学科には卒論はなかった」と、ニヤケ顔で答弁していた。

 この答弁に疑義を唱えたのが、カイロ・アメリカン大卒で作家の黒木亮氏だ。ビジネス系ウェブサイト「JBpress」で検証記事を執筆している。黒木氏自身が18年9月17日、カイロ大文学部社会学科を実際に訪問。小池氏が卒業した76年に同学科を卒業した現役教授の発言をこう紹介している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る