小池都知事また蚊帳の外か「五輪延期」論で首相に泣きつき

公開日: 更新日:

 新型コロナのパンデミックで、国際オリンピック委員会(IOC)や日本の組織委員会からも東京五輪の「延期」論が噴出。いよいよ開催が危うくなってきた。大慌てなのがホストシティーのトップ・小池都知事である。

 小池知事は12日、官邸で安倍首相と面会し、新型コロナ対策で国の財政支援などを要望。本人は「五輪の話題はなかった」と記者団に語ったが、前日に組織委理事の高橋治之氏が「1、2年の開催延期」を口にしたばかりだ。当然、五輪関連で相談があったとみられている。会談後、「中止という選択はない」と顔を引きつらせていたから、よほど気をもんでいるに違いない。

 小池知事は、五輪中止論が浮上するたびに振り回され、右往左往している状態だ。IOCの古参委員が「5月末までに事態が収束しなければ延期も検討」と発言した際も、「委員の個人的見解だ」と、大慌てで否定に走っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る