小池都知事また蚊帳の外か「五輪延期」論で首相に泣きつき

公開日: 更新日:

 新型コロナのパンデミックで、国際オリンピック委員会(IOC)や日本の組織委員会からも東京五輪の「延期」論が噴出。いよいよ開催が危うくなってきた。大慌てなのがホストシティーのトップ・小池都知事である。

 小池知事は12日、官邸で安倍首相と面会し、新型コロナ対策で国の財政支援などを要望。本人は「五輪の話題はなかった」と記者団に語ったが、前日に組織委理事の高橋治之氏が「1、2年の開催延期」を口にしたばかりだ。当然、五輪関連で相談があったとみられている。会談後、「中止という選択はない」と顔を引きつらせていたから、よほど気をもんでいるに違いない。

 小池知事は、五輪中止論が浮上するたびに振り回され、右往左往している状態だ。IOCの古参委員が「5月末までに事態が収束しなければ延期も検討」と発言した際も、「委員の個人的見解だ」と、大慌てで否定に走っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る