感染リスク低いのに…小池都政「花見酒」自粛呼びかけの愚

公開日: 更新日:

 82カ所全ての都立公園で「花見酒」の自粛を要請した小池都政。対象は花見シーズンに例年300万人以上が訪れる上野公園や井の頭公園、代々木公園と桜の名所が多い。都は隅田川など管理する河川でも川沿いでの花見の自粛を呼びかけている。

 都は多くの人が密集して長時間飲食をともにする宴会は、新型コロナの感染リスクが高いと判断。職員を各公園に派遣し、宴会している人に自粛を求める予定だが、経済損失は計り知れない。

 政府専門家会議は2日、症状のない方にとって屋外での活動は感染リスクが低いとの見解を示したばかり。気象情報会社の予想によると、東京の桜の開花は16日ごろ。満開の頃には、安倍首相が繰り返す「ここ1~2週間の瀬戸際」も過ぎているはずだ。

 小池都政の医学的根拠のない政治判断は安倍政権と変わらない。現場の大混乱を招くだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  7. 7

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  8. 8

    コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る