感染リスク低いのに…小池都政「花見酒」自粛呼びかけの愚

公開日: 更新日:

 82カ所全ての都立公園で「花見酒」の自粛を要請した小池都政。対象は花見シーズンに例年300万人以上が訪れる上野公園や井の頭公園、代々木公園と桜の名所が多い。都は隅田川など管理する河川でも川沿いでの花見の自粛を呼びかけている。

 都は多くの人が密集して長時間飲食をともにする宴会は、新型コロナの感染リスクが高いと判断。職員を各公園に派遣し、宴会している人に自粛を求める予定だが、経済損失は計り知れない。

 政府専門家会議は2日、症状のない方にとって屋外での活動は感染リスクが低いとの見解を示したばかり。気象情報会社の予想によると、東京の桜の開花は16日ごろ。満開の頃には、安倍首相が繰り返す「ここ1~2週間の瀬戸際」も過ぎているはずだ。

 小池都政の医学的根拠のない政治判断は安倍政権と変わらない。現場の大混乱を招くだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る