佐々木香奈
著者のコラム一覧
佐々木香奈NY在住ジャーナリスト

1963年、島根県生まれ。大阪早稲田速記秘書専門学校卒、一級速記士。リクルート住宅情報誌他で執筆、東大阪市議会事務局勤務を経て1987ニューヨークへ。読売新聞米国社現地法人・読売アメリカ社記者、2004年からフリー。本紙にて「NY裏通信」連載(2007〜09年)。著書「街中のギモン in NY」他。

医療崩壊目前「コミコン」開催の見本市会場が“野戦病院”に

公開日: 更新日:

「ニューヨーク市は全米コロナウイルスのエピセンター(震源地)となった」と、22日ビル・デブラシオNY市長が記者会見でヒステリックに言い放った。感染者数全米トップのニューヨーク州で、6割が市の感染者なので、エピセンターという言い方は残念ながら正しい。

 これだけ集中すると、医療分野がマヒを起こすので、行政は対応に追われている。まず足りない病院施設を補うために、ニューヨーク市とその郊外4カ所で、臨時病院が開設される。市内ではマンハッタンのミッドタウンにあるジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターに白羽の矢。巨大な見本市会場が1000床完備の病院に変身する。いつもは「コミコン」などが開かれ、コスプレのアニメファンでごった返す場所が、戦時中にたとえるなら野戦病院となるわけだ。郊外では州立大学施設が選ばれている。こうすることで、現在あるICU3000床を、1万8000~3万7000床にまで増やそうという計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る