佐々木香奈
著者のコラム一覧
佐々木香奈NY在住ジャーナリスト

1963年、島根県生まれ。大阪早稲田速記秘書専門学校卒、一級速記士。リクルート住宅情報誌他で執筆、東大阪市議会事務局勤務を経て1987ニューヨークへ。読売新聞米国社現地法人・読売アメリカ社記者、2004年からフリー。本紙にて「NY裏通信」連載(2007〜09年)。著書「街中のギモン in NY」他。

NYは得体の知れない危機感にのみ込まれゴーストタウン化

公開日: 更新日:

 まさかここまで大事になるとは誰も想像していなかった。今アメリカ中が見えない敵・新型コロナウイルスに戦々恐々としている。全米の感染者数は2万9000人を超え(22日現在)50州で非常事態宣言がなされたが、全米感染者数の半数以上を占め、ダントツのニューヨーク州の危機感は、他州とは比較にならない。

 さらにいえば、州内感染者数のほとんどを占めるニューヨーク市のパニックぶりは、いよいよ異常だ。30年以上この街に住んでいるが、2001年同時多発テロとは別の次元で、得体の知れない危機感に街全体がのみ込まれている。

 こうなると、感染を食い止めるために州と市が日々刻々、社会閉鎖の度合いを高める行政命令を連発する。20日、とうとう州から「全員自宅勤務」命令がおりた。

 実際、みんな自宅にいるのだろう。歩道を人が歩いていない。普段なら人とぶつからずには歩けないタイムズスクエアが、今は物好きがうろうろしているだけで、文字通りのゴーストタウンだ。沿道の店という店が閉まり、歩行者天国には誰もいない。18日にはまだ路上に並んでいた椅子やテーブルも、20日には一掃されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る