佐々木香奈
著者のコラム一覧
佐々木香奈NY在住ジャーナリスト

1963年、島根県生まれ。大阪早稲田速記秘書専門学校卒、一級速記士。リクルート住宅情報誌他で執筆、東大阪市議会事務局勤務を経て1987ニューヨークへ。読売新聞米国社現地法人・読売アメリカ社記者、2004年からフリー。本紙にて「NY裏通信」連載(2007〜09年)。著書「街中のギモン in NY」他。

NYは得体の知れない危機感にのみ込まれゴーストタウン化

公開日: 更新日:

 まさかここまで大事になるとは誰も想像していなかった。今アメリカ中が見えない敵・新型コロナウイルスに戦々恐々としている。全米の感染者数は2万9000人を超え(22日現在)50州で非常事態宣言がなされたが、全米感染者数の半数以上を占め、ダントツのニューヨーク州の危機感は、他州とは比較にならない。

 さらにいえば、州内感染者数のほとんどを占めるニューヨーク市のパニックぶりは、いよいよ異常だ。30年以上この街に住んでいるが、2001年同時多発テロとは別の次元で、得体の知れない危機感に街全体がのみ込まれている。

 こうなると、感染を食い止めるために州と市が日々刻々、社会閉鎖の度合いを高める行政命令を連発する。20日、とうとう州から「全員自宅勤務」命令がおりた。

 実際、みんな自宅にいるのだろう。歩道を人が歩いていない。普段なら人とぶつからずには歩けないタイムズスクエアが、今は物好きがうろうろしているだけで、文字通りのゴーストタウンだ。沿道の店という店が閉まり、歩行者天国には誰もいない。18日にはまだ路上に並んでいた椅子やテーブルも、20日には一掃されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る