佐々木香奈
著者のコラム一覧
佐々木香奈NY在住ジャーナリスト

1963年、島根県生まれ。大阪早稲田速記秘書専門学校卒、一級速記士。リクルート住宅情報誌他で執筆、東大阪市議会事務局勤務を経て1987ニューヨークへ。読売新聞米国社現地法人・読売アメリカ社記者、2004年からフリー。本紙にて「NY裏通信」連載(2007〜09年)。著書「街中のギモン in NY」他。

店舗閉鎖のNYでなぜ? “生活必需産業”の「酒屋」が大繁盛

公開日: 更新日:

 ニューヨーク州が「NYS on Pause」令を発動し、「エッセンシャル・ビジネス以外は閉鎖、全員自宅退避」の命令を出して数日が経つ。ニューヨーク州民の間で「エッセンシャル・ビジネスって、つまり何よ?」という素朴な疑問が持ち上がっている。「エッセンシャル」で辞書を引くと「必要不可欠な」「極めて重要な」。今の状況に合わせてもう少し噛み砕いて訳すなら、「生活必需産業」だろうか。

 例えば、リストには医療機関、獣医のクリニック、食材店、薬局、ガソリンスタンド、コインランドリー、銀行、報道メディア、電気技師ほか修理技術者、交通機関、福祉事務所などがある。全部納得だ。ちなみに、自宅退避命令といっても外出が禁止されているわけではない。食材の買い物や、短時間の散歩などは許されている。

 さて、その割と多いエッセンシャル・ビジネスのリストの中に、「酒屋」があって、ちょっと笑った。酒屋がこの非常時の「生活に必要不可欠な、極めて重要なビジネス」として、医療機関と肩を並べるとは思っていなかったから。考えてみたら、緊急時だからこその酒屋かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る