ホリエモンが都知事選“電撃”出馬へ「東京改造計画」を提言

公開日: 更新日:

 小池知事にまさかの“刺客”だ。実業家の堀江貴文氏(47)が東京都知事選(6月18日告示、7月5日投票)への出馬に意欲を示している。20日のスポーツ報知によると、周辺は立候補の可能性について「99%」と語り、正式表明は告示直前になるという。

 堀江氏は今月30日に著書「東京改造計画」(幻冬舎)を出版。〈コロナ時代の首都の新しい形〉として満員電車は値上げ、江戸城再建、大麻解禁、東京都のオール民営化など37項目、500ページに及ぶ大胆な“マニフェスト”を提言する。新型コロナの感染状況を踏まえ、街頭演説や集会など従来型の選挙活動は行わず、小池知事の4倍強、約350万人がフォローする自身のツイッターや動画配信などネットを駆使した選挙戦を展開するとみられる。

■野党は漁夫の利チャンス

 ホリエモンは2005年の郵政選挙にも出馬。当時の自民党執行部の応援を受けたが、敗れた。2度目の挑戦で小池知事に投じる予定だった自民支持票や無党派票を奪えば、野党は漁夫の利。

 願ってもない好機だが、対抗馬が見つからないとは情けない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    自民党内からも辞任を促す声が出始めた安倍首相のこれから

もっと見る