ホリエモンが都知事選“電撃”出馬へ「東京改造計画」を提言

公開日: 更新日:

 小池知事にまさかの“刺客”だ。実業家の堀江貴文氏(47)が東京都知事選(6月18日告示、7月5日投票)への出馬に意欲を示している。20日のスポーツ報知によると、周辺は立候補の可能性について「99%」と語り、正式表明は告示直前になるという。

 堀江氏は今月30日に著書「東京改造計画」(幻冬舎)を出版。〈コロナ時代の首都の新しい形〉として満員電車は値上げ、江戸城再建、大麻解禁、東京都のオール民営化など37項目、500ページに及ぶ大胆な“マニフェスト”を提言する。新型コロナの感染状況を踏まえ、街頭演説や集会など従来型の選挙活動は行わず、小池知事の4倍強、約350万人がフォローする自身のツイッターや動画配信などネットを駆使した選挙戦を展開するとみられる。

■野党は漁夫の利チャンス

 ホリエモンは2005年の郵政選挙にも出馬。当時の自民党執行部の応援を受けたが、敗れた。2度目の挑戦で小池知事に投じる予定だった自民支持票や無党派票を奪えば、野党は漁夫の利。

 願ってもない好機だが、対抗馬が見つからないとは情けない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る