適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。近著に「国賊論 安倍晋三と仲間たち」、「ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

北方領土交渉ジ・エンド…アベ売国を禁じる改憲が必要だ

公開日: 更新日:

 ロシアで領土の割譲を禁止する項目などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う全国投票が行われ、賛成が反対を大きく上回り、憲法改正は確実になった(7月1日)。

 これを受けてロシアが事実上管轄する北方領土の国後島では、島の行政当局や若者の団体が憲法改正を記念する石碑を設置し、島を返さないという立場をアピールした。

 プーチンは「この条項が特別な意味を持つある地域の住民が記念碑を建てた」と意義を強調。

 安倍晋三は「自分の任期内に領土問題の決着をつける」と言っていたが、決着ついちゃったね。

 ゲーテも言うように活動的なバカより恐ろしいものはない。「新しいアプローチ」「未来像を描く作業の道筋が見えてきた」「アタクチの手で解決」などと繰り返しながら、結局、上納金と一緒に国土をプーチンに献上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事