溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

終末期の工藤会 ITで近代化した組織を目指した誤算の要因

公開日: 更新日:

 長らく北九州市を牛耳ってきた工藤会がほぼ終末期を迎えている。野村悟総裁や田上文雄会長ら首脳部が揃って逮捕、起訴され、今や暴力団として組織運営できているかさえ怪しい状態だ。

 しかし、こういう工藤会も一時期、全国の暴力団の中で先進的といっていい組織機能を備えていた。北九州市は100万人近くの人口を誇る巨大都市だったが、工藤会は北九州市を一手に独占し、他の暴力団や半グレ、外国人犯罪グループを徹底排除していた。

 構成員が650人。ほとんど地元出身者で占められ、人的にも地元密着型だった。幹部たちは毎日、小倉北区の工藤会本部に集まり、お茶を飲みながら情報交換し、問題の解決策や対処策をひねり出していた。昼ごろには散会し、以後は各自シノギに精を出した。

 執行部の任期は1年と決まり、1年に1回、必ず執行部を解散した。ノホホンとした幹部は外され、欠員が出れば補充した。

 事務局はきわめて機能的だった。本部とは別棟に事務局室を設け、電子化が進んでいた。早い時期から全組員への通達にはパソコンを通じた一斉送信が採用され、警察の捜索に備えて、海外に隠しサーバーを置き、一瞬のうちに本部のサーバーから全データを消去することもできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?