溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

「敵は6代目山口組」新生山健組は“一本どっこ”でいく覚悟

公開日: 更新日:

 5代目山健組の分裂が7月22日、正式決定した。

 分裂して神戸山口組(井上邦雄組長)を出ることになったのは反井上派で、山健組直系50人弱のうち24人。神戸山口組に居残る井上派も24人となり、ここに山健組は真っ二つに分裂した。

 ただし、井上派24人のうち高齢のため、引退が見込まれる者が10人前後いるもようだ。

 現在、殺人未遂で勾留中の中田浩司・山健組組長は分裂を最初に言い出した張本人だから、もちろん反井上派であり、組の名乗りは従来通り5代目山健組で通す。

 新生5代目山健組の路線は一本どっこである。敵は6代目山口組であり、6代目山口組とは絶対復縁しない。月会費を減額することも公約に等しい。

 こうした方針については、勾留中の中田組長にも再三弁護士を通じて確認を取って決めたことという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  10. 10

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

もっと見る