性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

公開日: 更新日:

 全国紙やテレビはほとんど報じていないが、世界各国が固唾をのんで今後の展開を注視している。政府が27日にも決定するとみられる、東京電力福島第1原発から出た放射性物質「トリチウム」を含んだ処理水の「海洋放出」のことだ。

 23日、梶山弘志経産相ら政府関係者は会合を開催。地元自治体や漁業団体に対して実施した意見聴取や、公募で寄せられた意見書面を整理したが、どう考えても性急な「海洋放出」の政府決定は間違っているだろう。

 処理水とは、福島原発の燃料デブリの冷却に使った水や、原子炉建屋などに流れ込んで汚染された地下水を「ALPS」(多核種除去装置)で処理してタンクに貯蔵したものだ。政府や東電は当初、これらの処理水を「トリチウム水」と呼び、人体や環境に対する影響は低い――などと説明していたが、その後、処理水には「トリチウム」だけではなく、「ヨウ素129」や「ストロンチウム90」など多くの放射性物質が含まれていたことが判明。政府や東電は「海洋放出」する際には、これらの放射性核種を二次処理して基準値以下にする――としているが、とても信用できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る