保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

日中戦争の中、米国知識人は中国への支援を惜しまなかった

公開日: 更新日:
重大声明を発表する汪兆銘(昭和14年7月18日、場所不明)/(C)共同通信社

 前回触れた孫治平の証言をいま少し紹介していきたい。孫治平は孫文の子息である孫科の次男であった。1990年代初めに私は台北で取材することができた。温厚で優しい口ぶりが印象的であった。

 むろん中国人の通訳が付いたのだが、時折、滑らかな英語で話すことが…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る