養鶏汚職 秋田被告が元職・現職の国会議員10人をリスト化

公開日: 更新日:

 元農相の吉川貴盛被告(70=収賄罪で在宅起訴)をめぐる養鶏汚職事件で、贈賄罪などで在宅起訴された大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」グループ元代表の秋田善祺被告(87)が、現職や元職の国会議員10人を「重要関係者」としてリスト化していた、と18日の毎日新聞が報じた。

 記事によると、リストは2020年5月15日時点の重要関係先として計92人の名前や肩書、連絡先が記載されていたという。アキタ社の地元・広島の地方議員や農水省幹部職員の名前のほか、現職や元職の衆参国会議員10人が含まれており、吉川被告と西川公也元農相(78)の名前も記載されていたという。

 リストに名前のあった現職の自民党参院議員が毎日新聞の取材に応じ、秋田被告から18年冬に現金を受領した事実を認めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る