北朝鮮はコロナでジリ貧に拍車 外交官逃げだし五輪不参加

公開日: 更新日:

 北朝鮮情勢が騒がしい。平壌のロシア大使館によると、次々と外国人がいなくなり、現在とどまるのは300人足らず。うち各国の大使は9人、代理大使4人。人道援助団体の関係者も全員退去したという。理由はコロナ禍による生活条件の悪化のようだ。現地で何が起きているのか。

金正恩総書記は新型コロナを警戒して、昨年1月には早々に中国との国境を閉鎖。以来、国民も外交官も劣悪な環境に置かれています」とは、国際政治経済学者の浜田和幸氏だ。こう続ける。

「物資が極端に減り、外交官も食料や医薬品をろくに買えない。おまけにロックダウンも厳格なようです。外交官に飢餓で苦しむ人民の姿を見せないよう行動制限をかけ、車両用ガソリンの供給をストップ。この1年で当局の締め付けはさらに増し、現体制に不都合な行動を取ると、外交官でも秘密警察に連行されます。いまだコロナ感染者は一人もいないと大見えを切っていますが、その証拠を見た人はいないし、外交官や専門家も信じていません。北にとどまっていたら命の危険にさらされるため、外国人が逃げ出しているのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る