東京五輪不参加の北朝鮮 金正恩は菅政権に見切りつけた?

公開日: 更新日:

 不参加国は今後も増えるかもしれない。

 北朝鮮オリンピック委員会の総会が3月25日にオンライン形式で開かれ、東京五輪不参加を決めた、と報じられた。北朝鮮体育省のサイトによると、<新型コロナウイルスによる世界的な保健危機の状況から選手を守るため>という。

 加藤勝信官房長官は6日の会見で、北朝鮮の東京五輪不参加について、「国際オリンピック委員会などとの調整だから、それを注視していく」と平静を装っていたが、このニュースに強い衝撃を受けているのが菅義偉首相だろう。

 北朝鮮の不参加表明について記者団から問われ、無言を貫いた菅首相。昨秋の政権発足以降、北朝鮮の金正恩総書記との日朝会談について、「条件を付けずに向き合う決意」と繰り返し、国会でも、東京五輪開催時に金総書記の妹・与正氏が来日した場合の接触の可能性を問われた際、「拉致問題を解決するのは私の仕事だ。ありとあらゆる可能性を考えて対応したい」と意欲を示していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る