児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

韓国大統領の末路「KCIA南山の部長たち」が描く朴正熙暗殺

公開日: 更新日:

 良くも悪くも、韓国という国はドラマチックだ。任期を終えた大統領は、まるで既定路線のように逮捕されたり、自殺したりと、穏やかな人生を送れずにいる。今も朴槿恵前大統領と李明博元大統領が収監中だが、韓国では珍しくない。権力の頂点から奈落の底に突き落とされる姿に、私たち日本人も慣れてしまっている。

 歴史的にもっとも衝撃的だったのは朴前大統領の両親の暗殺事件ではないか。朴前大統領の父親は朴正熙元大統領。ファーストレディーだった母親は、大統領を狙った北朝鮮の工作員に射殺された。

 一方で、朴正熙は反政府主義者や北朝鮮工作員に殺害されたのではない。宴会の席で側近に撃たれたのだ。

 例えるなら、明智光秀に討たれた織田信長の“本能寺の変”のようだが、なぜ信頼していた側近に殺されたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る