愛媛女子大生誤認逮捕 手記公開で明らかになった捜査手法

公開日: 更新日:

「本当の犯人を捕まえてください」

 こう訴えかける女子大生に、愛媛県警の取調官は「犯人なら目の前にいるけど」と言い放ち、さらに「タクシーに乗った記憶ないの? 二重人格?」「就職も決まっているなら大ごとにしたくないよね?」「君が認めたら終わる話」などと自白を迫ったという。

 今年1月、愛媛県松山市内でタクシーの売り上げなど約5万4000円を盗んだとして、7月8日、女子大生が誤認逮捕された問題で、1日、代理人弁護士が女性の手記を公表した。

「本当に悔しかったです。このような事件に巻き込まれ、(中略)実名報道までされたことを絶対に許すことはできません」

 逮捕後、勾留要求が認められず彼女は釈放された。

「ドライブレコーダーの映像には男女2人ずつの客4人がタクシーに乗り、降車の際、助手席に座っていた女が売上金の入ったセカンドバッグを持ち去る様子が写っていた。さらに付近の防犯カメラには、女がそのまま近くのアパートに入る映像が残されていた。その女こそが、女子大生と同じアパートの同じフロアに住んでいた真犯人だったのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る