インテル長友 調子下降線の原因はマンU香川か

公開日:  更新日:

 インテルが開幕ダッシュに成功した理由に左MF長友の好パフォーマンスが挙げられるだろう。今季インテルは3バックを採用。左SBが主戦場の長友は「左MF」に入った。ポジション的に相手陣地でのプレー時間が増え、持ち前の攻撃力で序盤負けなし4勝1分けの立役者となった。

 ところが、9月の日本代表親善試合(グアテマラ戦、ガーナ戦)出場後に調子が下降線をたどり始め、引き分けた6節カリアリ戦、地元で0―3完敗の7節ローマ戦にフル出場の長友は精彩を欠いた。その原因は「日本代表の僚友FW香川の勝手気ままなプレーに翻弄されて調子を崩すようになった」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「所属マンUで出場機会に恵まれない香川は、日本代表戦で結果を残そうとシャカリキになるあまり、持ち場の左サイドを離れて中央や右サイドでプレーしたり、劣勢になるとボールを欲しがってボランチの位置まで下がってくる。香川不在の日本の左サイドを突かれた場合、数的不利の長友は守備に奔走して疲弊。さらに攻守が噛み合わないストレスまでため込んでいる。日本代表の試合を重ねるごとに長友は調子を落としているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る