レッドソックス上原、田沢に「気合いが裏目」の気がかり

公開日:  更新日:

 目立ち過ぎると痛い目に遭いかねない。レッドソックス投手陣を支える日本人リリーバーの上原浩治(38)と田沢純一(27)のことだ。

 上原、田沢とも相手打者を打ち取るたびにマウンド上で喜びを爆発させている。田沢は凡打に仕留めた相手をにらみつけ、時には見せつけるかのようにガッツポーズまでする。上原にしても試合を締めた後は必要以上に喜び、ア・リーグチャンピオンシップ第2戦でサヨナラ勝ちした際には、優勝したかのようなハシャギっぷりだった。

 折しもナ・リーグの優勝決定戦ではドジャースのキューバ人ルーキーのプイグ外野手の振る舞いが問題になっている。安打を放つたびに両手を突き上げたり、スタンドを指さしてファンの声援に応え、相手のカージナルスナインから「相手に対する敬意がない」「次の打席でぶつけられても仕方ない」などと反感を買っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る