レッドソックス上原、田沢に「気合いが裏目」の気がかり

公開日: 更新日:

 目立ち過ぎると痛い目に遭いかねない。レッドソックス投手陣を支える日本人リリーバーの上原浩治(38)と田沢純一(27)のことだ。

 上原、田沢とも相手打者を打ち取るたびにマウンド上で喜びを爆発させている。田沢は凡打に仕留めた相手をにらみつけ、時には見せつけるかのようにガッツポーズまでする。上原にしても試合を締めた後は必要以上に喜び、ア・リーグチャンピオンシップ第2戦でサヨナラ勝ちした際には、優勝したかのようなハシャギっぷりだった。

 折しもナ・リーグの優勝決定戦ではドジャースのキューバ人ルーキーのプイグ外野手の振る舞いが問題になっている。安打を放つたびに両手を突き上げたり、スタンドを指さしてファンの声援に応え、相手のカージナルスナインから「相手に対する敬意がない」「次の打席でぶつけられても仕方ない」などと反感を買っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  10. 10

    黒川検事長“麻雀辞任”で加速する検察の「桜疑惑」徹底捜査

もっと見る