• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どうする阪神 ドラフト“目玉”松井裕樹&森友哉からラブコール!?

「意中の球団は阪神らしいね」
 さるパ球団の関係者が声を潜めてこう明かす。
 24日のドラフト会議。投打の目玉である高校生の松井裕樹(桐光学園)、森友哉(大阪桐蔭)が揃って阪神入りを希望しているというのである。

 高校ナンバーワン投手の松井は、ソフトバンクや地元のDeNAなどが1位指名を検討。プロ挑戦を表明した時には「希望(球団)はない。12球団OKです」と公言した左腕だが、冒頭の関係者によると、松井は「自分は甲子園に育てられ、熱狂的なファンが集う甲子園でプレーしたい気持ちが強い」のだという。

 昨夏、22奪三振の甲子園記録を作った際、「相手の応援を自分の応援だと思って投げた」と話し、本塁打を放ったことには「こんな大観衆の中で打てて幸せ」と笑みを浮かべた。甲子園の魅力に取りつかれたわけだ。

 森も、高校の先輩の藤浪晋太郎が在籍していることもあり、9月の国体の時には「自分は阪神ファン」と公言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る