“馬の耳に念仏”の日ハム斎藤 「右肩」より「アタマ」が致命的

公開日:  更新日:

 評論家諸氏に言わせると、投手は飛び抜けた技術と制球力があれば、外角球だけで打者を料理できるという。内角の厳しいコースに投げ、あえて打者に恐怖心を植え付けたり、腰を引かせたりする必要はないらしい。

 ただし、そんな芸当ができるのは「飛び抜けた技術と制球力」を持った投手に限られる。だからこそ首脳陣はほとんどの投手に、内角の際どいコースに投げるよう指示する。

 ところが、首脳陣の内角攻め指令を拒否した投手がいる。日本ハムの斎藤佑樹(25)だ。
「ボクは内(角)を使わなくても大丈夫です」と言ったらしい。日ハムOBから聞いた話だ。

 斎藤は言うまでもなく技巧派。「それなり」の技術はあるのかもしれないが、「飛び抜けた技術と制球力」まで持ち合わせているのかどうか。首脳陣は少なくともそう判断しなかったから、思い切った内角攻めを指示したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る