“馬の耳に念仏”の日ハム斎藤 「右肩」より「アタマ」が致命的

公開日: 更新日:

 評論家諸氏に言わせると、投手は飛び抜けた技術と制球力があれば、外角球だけで打者を料理できるという。内角の厳しいコースに投げ、あえて打者に恐怖心を植え付けたり、腰を引かせたりする必要はないらしい。

 ただし、そんな芸当ができるのは「飛び抜けた技術と制球力」を持った投手に限られる。だからこそ首脳陣はほとんどの投手に、内角の際どいコースに投げるよう指示する。

 ところが、首脳陣の内角攻め指令を拒否した投手がいる。日本ハムの斎藤佑樹(25)だ。
「ボクは内(角)を使わなくても大丈夫です」と言ったらしい。日ハムOBから聞いた話だ。

 斎藤は言うまでもなく技巧派。「それなり」の技術はあるのかもしれないが、「飛び抜けた技術と制球力」まで持ち合わせているのかどうか。首脳陣は少なくともそう判断しなかったから、思い切った内角攻めを指示したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る