“馬の耳に念仏”の日ハム斎藤 「右肩」より「アタマ」が致命的

公開日: 更新日:

 評論家諸氏に言わせると、投手は飛び抜けた技術と制球力があれば、外角球だけで打者を料理できるという。内角の厳しいコースに投げ、あえて打者に恐怖心を植え付けたり、腰を引かせたりする必要はないらしい。

 ただし、そんな芸当ができるのは「飛び抜けた技術と制球力」を持った投手に限られる。だからこそ首脳陣はほとんどの投手に、内角の際どいコースに投げるよう指示する。

 ところが、首脳陣の内角攻め指令を拒否した投手がいる。日本ハム斎藤佑樹(25)だ。
「ボクは内(角)を使わなくても大丈夫です」と言ったらしい。日ハムOBから聞いた話だ。

 斎藤は言うまでもなく技巧派。「それなり」の技術はあるのかもしれないが、「飛び抜けた技術と制球力」まで持ち合わせているのかどうか。首脳陣は少なくともそう判断しなかったから、思い切った内角攻めを指示したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る