来季も二軍でベンチなんて…巨人・小笠原にFA行使のススメ

公開日:  更新日:

 同僚の谷佳知(40)は出場機会を求め、自ら戦力外を申し出た。10日のトライアウトを受ける可能性もあるというから相当な覚悟だ。

 もうひとりの大物、小笠原道大(40)も現役続行へ強い意志を見せてはいる。が、谷とは違い、自由契約にはなっておらず、二軍のまま今季を終えた。さる球界関係者が同情するように言う。

「小笠原は日本シリーズの40人枠に入れなかった。その時点で来季は事実上の“構想外”。でも“戦力外”ではないということ。パ・リーグ球団とのトレード話もささやかれているが、話がまとまらなければ、現在の年俸7000万円から大幅ダウンを受け入れて巨人に残留するしか道はなくなる」

 今季は22試合の出場で打率.250、1本塁打、8打点。昨季も34試合の出場に終わり、ほとんどを二軍で過ごした。巨人に残っても来季の起用は目に見えている。一塁のライバルとなるロペスは残留が確実。代打要員にもなれるかどうかというのが現実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る