来季も二軍でベンチなんて…巨人・小笠原にFA行使のススメ

公開日: 更新日:

 同僚の谷佳知(40)は出場機会を求め、自ら戦力外を申し出た。10日のトライアウトを受ける可能性もあるというから相当な覚悟だ。

 もうひとりの大物、小笠原道大(40)も現役続行へ強い意志を見せてはいる。が、谷とは違い、自由契約にはなっておらず、二軍のまま今季を終えた。さる球界関係者が同情するように言う。

「小笠原は日本シリーズの40人枠に入れなかった。その時点で来季は事実上の“構想外”。でも“戦力外”ではないということ。パ・リーグ球団とのトレード話もささやかれているが、話がまとまらなければ、現在の年俸7000万円から大幅ダウンを受け入れて巨人に残留するしか道はなくなる」

 今季は22試合の出場で打率.250、1本塁打、8打点。昨季も34試合の出場に終わり、ほとんどを二軍で過ごした。巨人に残っても来季の起用は目に見えている。一塁のライバルとなるロペスは残留が確実。代打要員にもなれるかどうかというのが現実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る