来季も二軍でベンチなんて…巨人・小笠原にFA行使のススメ

公開日:  更新日:

 同僚の谷佳知(40)は出場機会を求め、自ら戦力外を申し出た。10日のトライアウトを受ける可能性もあるというから相当な覚悟だ。

 もうひとりの大物、小笠原道大(40)も現役続行へ強い意志を見せてはいる。が、谷とは違い、自由契約にはなっておらず、二軍のまま今季を終えた。さる球界関係者が同情するように言う。

「小笠原は日本シリーズの40人枠に入れなかった。その時点で来季は事実上の“構想外”。でも“戦力外”ではないということ。パ・リーグ球団とのトレード話もささやかれているが、話がまとまらなければ、現在の年俸7000万円から大幅ダウンを受け入れて巨人に残留するしか道はなくなる」

 今季は22試合の出場で打率.250、1本塁打、8打点。昨季も34試合の出場に終わり、ほとんどを二軍で過ごした。巨人に残っても来季の起用は目に見えている。一塁のライバルとなるロペスは残留が確実。代打要員にもなれるかどうかというのが現実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る