• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・谷は自由契約 もうひとりの“大物”小笠原の去就は?

 楽天に敗れた巨人が早くも動き出した。
 OBの松井秀喜(39)を来春のキャンプで臨時コーチとして招聘(しょうへい)することが正式決定。4日には、谷佳知(40)の自由契約も発表された。

「体も動くし、走ることもできる。野球が好きなので、燃え尽きるまでやりたい」
 と、谷。自ら他球団への移籍を申し出ていたベテランは、日刊ゲンダイ本紙の直撃にも「2000安打は絶対に達成したい」と残り79本に迫っている大記録達成に意欲を見せていた。その意向を球団が尊重した格好だ。だとすれば、もうひとりの“大物”の処遇も気になるところ。小笠原道大(40)である。

 今季はわずか22試合の出場。谷とは違い、日本シリーズのベンチ入りメンバーからも外れた。来季の構想から外れているのは明らかだが、この日の球団発表に名前がなかった。今季終盤は二軍でも試合出場の機会を与えられなかったものの、打撃マシンを相手に室内練習場で黙々と打ち込みを行っていた。引退は頭になく、現役続行を考えているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る