巨人・谷は自由契約 もうひとりの“大物”小笠原の去就は?

公開日:  更新日:

 楽天に敗れた巨人が早くも動き出した。
 OBの松井秀喜(39)を来春のキャンプで臨時コーチとして招聘(しょうへい)することが正式決定。4日には、谷佳知(40)の自由契約も発表された。

「体も動くし、走ることもできる。野球が好きなので、燃え尽きるまでやりたい」
 と、谷。自ら他球団への移籍を申し出ていたベテランは、日刊ゲンダイ本紙の直撃にも「2000安打は絶対に達成したい」と残り79本に迫っている大記録達成に意欲を見せていた。その意向を球団が尊重した格好だ。だとすれば、もうひとりの“大物”の処遇も気になるところ。小笠原道大(40)である。

 今季はわずか22試合の出場。谷とは違い、日本シリーズのベンチ入りメンバーからも外れた。来季の構想から外れているのは明らかだが、この日の球団発表に名前がなかった。今季終盤は二軍でも試合出場の機会を与えられなかったものの、打撃マシンを相手に室内練習場で黙々と打ち込みを行っていた。引退は頭になく、現役続行を考えているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る