• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏が日本代表の課題指摘「南米、ラテン欧州勢とどう戦うか」

「よくやった」。そう素直に言っていいだろう。

 強豪オランダ相手に引き分け、続くベルギー戦は見事な逆転勝利を飾った。選手たちは、本当によく頑張ってくれた。

 ただし――。FIFAランク5位のベルギーに勝ったからといって「世界で通用する」と思ったら大間違いだからね。

 欧州勢の中で空中戦の強さ、スピード、強靭なフィジカルを武器とする国は、ボクが現役の頃から「やりやすい」相手だった。彼らはサイドから効果的なクロスを入れるとあっけなくほころびを見せることがある。ベルギー戦で柿谷、本田、岡崎が決めたのは、いずれも同じような形からだった。

<「個の対決」になると後手に回る>

 日本代表は、W杯本大会でベスト8以上の成績を狙っている。そうなると問題なのは「個人技に秀でた選手の多い」南米勢、ラテン系の欧州勢に対してどう戦って勝ち点を得るか、なんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る