ベルギーに逆転勝利! 日本代表「劇的大変身」3つの秘密

公開日: 更新日:

 強豪オランダとの2―2ドロー決着に続き、ザッケローニ監督率いる日本代表が「W杯第1シード国」から大金星を挙げた。FIFA世界ランク5位の実力国ベルギーとのアウェー戦(日本時間20日午前5時開始)でFW柿谷曜一朗(23)、MF本田圭佑(27)、FW岡崎慎司(27)がゴールを叩き込み、見事な逆転勝利を飾ったのである。

 ザック日本はブラジルW杯出場を決めた後、国内組で臨んだ東アジア杯をのぞき、6月のコンフェデ杯から2勝6敗と負け越した。10月の欧州遠征ではW杯予選敗退のセルビア、ベラルーシに連続完封負け。

「それが1カ月後には優勝候補オランダと引き分け、台風の目といわれるベルギーに逆転勝ち。見違えるように生まれ変わった」(現地取材のサッカージャーナリスト・六川亨氏)

 ザック日本の劇的大変身には「3つの秘密」が隠されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る