ベルギーに逆転勝利! 日本代表「劇的大変身」3つの秘密

公開日:  更新日:

 強豪オランダとの2―2ドロー決着に続き、ザッケローニ監督率いる日本代表が「W杯第1シード国」から大金星を挙げた。FIFA世界ランク5位の実力国ベルギーとのアウェー戦(日本時間20日午前5時開始)でFW柿谷曜一朗(23)、MF本田圭佑(27)、FW岡崎慎司(27)がゴールを叩き込み、見事な逆転勝利を飾ったのである。

 ザック日本はブラジルW杯出場を決めた後、国内組で臨んだ東アジア杯をのぞき、6月のコンフェデ杯から2勝6敗と負け越した。10月の欧州遠征ではW杯予選敗退のセルビア、ベラルーシに連続完封負け。

「それが1カ月後には優勝候補オランダと引き分け、台風の目といわれるベルギーに逆転勝ち。見違えるように生まれ変わった」(現地取材のサッカージャーナリスト・六川亨氏)

 ザック日本の劇的大変身には「3つの秘密」が隠されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る