崖っぷちの日本女子カーリング ソチ五輪逃せば衰退危機!?

公開日: 更新日:

 このチャンスを逃せばお先は真っ暗だ。
 ソチ五輪世界最終予選(12月11~15日、ドイツ・フュッセン)に出場するカーリング女子日本代表の北海道銀行が21日、札幌市内で会見。自身3度目の出場を目指すスキップの小笠原歩(34)は「私がしっかり最後のショットを決めて、五輪の舞台に立ちたい」と出場権獲得を誓った。

 今大会には7チームが参加し、上位2チームが五輪出場権を得る。過去2年間の国際大会での結果をもとにしたランキングで日本は7チーム中、ドイツに次いで2番目。順当なら日本が勝ち上がって当然とはいえ、出場してくる中国には先のパシフィック・アジア選手権で惨敗したばかり。小笠原は「技術的なものは劣っていたとは思えないが、メンタルが弱かった。リラックスしてプレーしたい」と話したが、「リラックス」などしてはいられないはず。北海道銀行が五輪出場を逃せば、カーリングはファンからソッポを向かれるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る