ソチ五輪フィギュア女子代表の“大穴”は今井遥

公開日:  更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦中国杯が2日、北京で行われ、女子フリースケーティングが行われた。

 村上佳菜子(中京大)はフリー108.62点、合計165.95点で4位。今井遥(ムサシノFSC)はフリー95.51点、合計150.30点で6位だった。

 今井は、最初のトリプルフリップ、続くトリプルループを丁寧に決めたが、3つ目のトリプルサルコウで転倒。優雅なステップを終えての後半も丁寧なジャンプを見せたが、コンビネーションが単発になるなど得点を伸ばす要素でミスが出てしまった。

 その今井だが、浅田真央、鈴木明子、村上らの陰に隠れて目立たないものの、美貌に加えて最近ではスケーティング技術の評価も上がった。

 08年の全日本ジュニア選手権で優勝、10年の四大陸選手権では5位入賞と実績を残しながら、大舞台ではもろさを露呈。世界選手権の選考会を兼ねた昨年12月の全日本選手権では表彰台を期待されたが、右足甲の故障もあってミスが続出。本来の滑りを披露できずに14位と惨敗し、今季の特別強化選手から漏れた。その約1カ月後に行われた東京国体では鈴木を抑えて優勝し、潜在能力の高さをアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る