ソチ五輪フィギュア女子代表の“大穴”は今井遥

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦中国杯が2日、北京で行われ、女子フリースケーティングが行われた。

 村上佳菜子(中京大)はフリー108.62点、合計165.95点で4位。今井遥(ムサシノFSC)はフリー95.51点、合計150.30点で6位だった。

 今井は、最初のトリプルフリップ、続くトリプルループを丁寧に決めたが、3つ目のトリプルサルコウで転倒。優雅なステップを終えての後半も丁寧なジャンプを見せたが、コンビネーションが単発になるなど得点を伸ばす要素でミスが出てしまった。

 その今井だが、浅田真央鈴木明子、村上らの陰に隠れて目立たないものの、美貌に加えて最近ではスケーティング技術の評価も上がった。

 08年の全日本ジュニア選手権で優勝、10年の四大陸選手権では5位入賞と実績を残しながら、大舞台ではもろさを露呈。世界選手権の選考会を兼ねた昨年12月の全日本選手権では表彰台を期待されたが、右足甲の故障もあってミスが続出。本来の滑りを披露できずに14位と惨敗し、今季の特別強化選手から漏れた。その約1カ月後に行われた東京国体では鈴木を抑えて優勝し、潜在能力の高さをアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る