スケートW杯で優勝も…ソチ五輪内定の長島に“落とし穴”

公開日: 更新日:

<スピードスケートW杯>

 バンクーバー五輪銀メダリストが幸先の良いスタートを切った。スピードスケートの長島圭一郎(31)が17日(日本時間18日)のW杯(米国・ソルトレークシティー)の500メートルで34秒24で優勝。バンクーバー銅の加藤条治が持つ日本記録(34秒21)まで0秒03に迫る好タイムで今季W杯初勝利を挙げた。

 最後のカーブを曲がり切れずに体勢を崩しかけながらも即座に立て直して、バンクーバー五輪金メダルの牟太ボム(韓国)を退けた。

 W杯4戦での成績が重視されるソチ五輪の代表入りが内定した長島は「ミスをしても修正できたのが一番良かった。やっと五輪に向けて気持ちを切り替えていける」と自信たっぷりに話した。

 バンクーバー五輪後の不調から脱却して完全に復活した。ソチでは、加藤とともにワンツーフィニッシュが期待されるとはいえ、不安は拭えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る