• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上初ルーキー賞金王へ 松山のハート射止めた“あのプロ“

 男子ゴルフのカシオワールドオープンは30日、高知・Kochi黒潮CC(パー72)での第3ラウンド。背中痛でここ数試合は本調子ではなかった松山英樹(21)が首位タイから出てスコアを4つ伸ばし、通算10アンダーで単独首位に立った。優勝すれば、最終戦を待たずに史上初のルーキー賞金王が決定する。もう決まったも同然だ。

 それにしてもすごい稼ぎっぷりだ。プロ転向後1年目にして賞金1億6000万円を超えている。またダンロップとは年間3億円の契約を結び、サングラスメーカーのオークリーとは4年5000万円。これからウワサされるトヨタ、全日空と契約すれば、億単位のカネが松山の懐を潤すことになる。まだ21歳と若く、プロゴルファーとしてバク大な資産を築くことになるのは想像に難くない。となれば、将来の伴侶はリッチな生活を送ることになる。松山のハートを射止められるのはどんなタイプなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る