レ軍が獲得したダルの新女房役はア・リーグ“捕逸王”

公開日:  更新日:

 メジャー3年目は自立が求められそうだ。来季はエースとしてフル回転の活躍が求められるダルビッシュ有(27)のことだ。

 レンジャーズは10日(日本時間11日)、ブルージェイズからFAになっていたJ・P・アレンシビア(27)と合意したと発表。米メディアによれば、1年180万ドル(約1億8000万円)で、出来高に応じて最大で約3000万円のボーナスが付く。

 今季までブルージェイズで正捕手を務めてきたとはいえ、アレンシビアの守備はお世辞にも褒められたものではない。

 今年、100試合以上マスクをかぶった7人の捕手のうち、捕逸(13)はア・リーグワースト。かねて肩の弱さを指摘されており、盗塁阻止率2割5分3厘と投手陣の足を引っ張った。

 すでにレンジャーズは今季、控え捕手を務めたジオバニー・ソトと複数年契約を交わしている。アレンシビアは2番手とみられるがソトの調子次第ではダルとバッテリーを組むケースも増える。

 ダルは来季も捕手に頭を悩まされそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る