レ軍が獲得したダルの新女房役はア・リーグ“捕逸王”

公開日: 更新日:

 メジャー3年目は自立が求められそうだ。来季はエースとしてフル回転の活躍が求められるダルビッシュ有(27)のことだ。

 レンジャーズは10日(日本時間11日)、ブルージェイズからFAになっていたJ・P・アレンシビア(27)と合意したと発表。米メディアによれば、1年180万ドル(約1億8000万円)で、出来高に応じて最大で約3000万円のボーナスが付く。

 今季までブルージェイズで正捕手を務めてきたとはいえ、アレンシビアの守備はお世辞にも褒められたものではない。

 今年、100試合以上マスクをかぶった7人の捕手のうち、捕逸(13)はア・リーグワースト。かねて肩の弱さを指摘されており、盗塁阻止率2割5分3厘と投手陣の足を引っ張った。

 すでにレンジャーズは今季、控え捕手を務めたジオバニー・ソトと複数年契約を交わしている。アレンシビアは2番手とみられるがソトの調子次第ではダルとバッテリーを組むケースも増える。

 ダルは来季も捕手に頭を悩まされそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る