日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに本拠地デビューの本田にブラジル代表DFが太鼓判!

 ACミランは14日(日本時間15日未明)、元オランダ代表でブラジル・ボタフォゴのクラレンス・セードルフ(37)が現役を引退し、監督に就任すると発表。早ければ、19日のセリエAベローナ戦(ミラノ)で指揮を執る。

 現役時代はミランの他Rマドリードなどビッグクラブを渡り歩いてきたスター選手の転身に、世界のサッカー界も注目。新監督とミランで3シーズン同僚だったブラジル代表DFチアゴ・シウバ(29、パリ・サンジェルマン)は「(今季低迷する)チームに変革をもたらし、かつての名選手は素晴らしいチームをつくるだろう」と期待を寄せた。

 さらに世界最強のDFは、ACミラン入りしたばかりの本田圭佑(27)についても触れた。「新監督のもとでホンダのような大物選手は力を発揮するだろう」とセリエAでの活躍を見据え、太鼓判を押したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事