日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑に世界一厳しいサポーター集団「ウルトラス」の視線

 本田圭佑(27)が入団した名門ミランは今季11位に低迷している(5勝7分け6敗。勝ち点22)。首位ユベントスとは勝ち点で27もの大差を付けられ、欧州CL圏内の3位ナポリとは勝ち点17差。EL圏内の5位べローナとも勝ち点10差だ。それだけに本田は「救世主が来た」とミラン幹部やサポーターから熱烈大歓迎である。

 本田が八面六臂(ろっぴ)の活躍を見せてセリエA後半戦を巻き返し、たとえば3位に食い込んでCL出場権を獲得となれば「ミランの危機を救ったレジェンド」としてあがめ奉られる。ただし――。

 ここで思い出されるのは、11年7月にミランの宿敵インテルに移籍した代表チームメート、DF長友佑都(27)の「良い時はすごく持ち上げてくれるけど、ダメな時は世界で一番厳しいんじゃないか!と思うほど叩かれる」というセリフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事