本田圭佑に世界一厳しいサポーター集団「ウルトラス」の視線

公開日: 更新日:

 本田圭佑(27)が入団した名門ミランは今季11位に低迷している(5勝7分け6敗。勝ち点22)。首位ユベントスとは勝ち点で27もの大差を付けられ、欧州CL圏内の3位ナポリとは勝ち点17差。EL圏内の5位べローナとも勝ち点10差だ。それだけに本田は「救世主が来た」とミラン幹部やサポーターから熱烈大歓迎である。

 本田が八面六臂(ろっぴ)の活躍を見せてセリエA後半戦を巻き返し、たとえば3位に食い込んでCL出場権を獲得となれば「ミランの危機を救ったレジェンド」としてあがめ奉られる。ただし――。

 ここで思い出されるのは、11年7月にミランの宿敵インテルに移籍した代表チームメート、DF長友佑都(27)の「良い時はすごく持ち上げてくれるけど、ダメな時は世界で一番厳しいんじゃないか!と思うほど叩かれる」というセリフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る