• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

減量失敗で失格、私生活の乱れも…日本女子柔道に凋落の兆し

 女子柔道の日本代表が14日、2月からの欧州遠征に向けて都内で行っている合宿を公開し、ロンドン五輪57キロ級金メダリスト松本薫(26)ら約60人の日本代表候補選手が約3時間、汗を流した。ところが、男子を尻目に日本のお家芸を支えてきた女子が、いよいよピンチか、という声が噴出しているのだ。

 日本の柔道界には追い風が吹いている。昨年8~9月の世界選手権後に国際柔道連盟(IJF)がルールの見直しと改正を行った。これまでは前日に行われる計量をパスすれば、試合当日に階級の規定重量をオーバーしていても問題はなかった。中でも欧州の選手は前日計量のメリットを存分に生かして計量後に大量の食事を摂取、階級よりも10キロ近くオーバーして試合に臨むケースも少なくなかった。「階級別の意味がない」という声すら上がった。それが試合当日、規定体重を5%超えている場合は、失格になる規定が盛り込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る