減量失敗で失格、私生活の乱れも…日本女子柔道に凋落の兆し

公開日: 更新日:

 女子柔道の日本代表が14日、2月からの欧州遠征に向けて都内で行っている合宿を公開し、ロンドン五輪57キロ級金メダリスト松本薫(26)ら約60人の日本代表候補選手が約3時間、汗を流した。ところが、男子を尻目に日本のお家芸を支えてきた女子が、いよいよピンチか、という声が噴出しているのだ。

 日本の柔道界には追い風が吹いている。昨年8~9月の世界選手権後に国際柔道連盟(IJF)がルールの見直しと改正を行った。これまでは前日に行われる計量をパスすれば、試合当日に階級の規定重量をオーバーしていても問題はなかった。中でも欧州の選手は前日計量のメリットを存分に生かして計量後に大量の食事を摂取、階級よりも10キロ近くオーバーして試合に臨むケースも少なくなかった。「階級別の意味がない」という声すら上がった。それが試合当日、規定体重を5%超えている場合は、失格になる規定が盛り込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る