• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逃げる人も…柔道メダリストがビラ配りで痛感した人気凋落

 初の試みは完全に空振りだった。

 全日本柔道連盟(全柔連)は14日、東京・水道橋駅前で29日開幕の「グランドスラム東京2013」(東京体育館)の告知イベントを開催。今年8月の世界選手権(ブラジル・リオデジャネイロ)で銅メダルを獲得した男子66キロ級の福岡政章(29)ら現役選手の他、ソウル五輪女子61キロ級銅メダルの北田典子氏、ソウル、バルセロナ、アトランタと3大会連続メダルの田辺陽子氏らアスリート委員会のメンバーが街頭でビラを配布し、大会をアピールした。

 が、しかし……。
 柔道着に身を包み、「大会がありますのでよろしくお願いします!」とビラを差し出すも、通行人の多くは素通り。大半は選手と目も合わせようとしなかった。柔道着のいかつい集団を目にして、恐怖を覚えたのだろう。中には、逃げるようにその場を立ち去る若い女性もいたほど。時折、足を止める親子連れの姿もあるにはあったが、それは大会を中継するテレビ東京が用意したマスコットと記念撮影するためで、選手の名前すら知らない通行人に、関係者が「あの人はソウル五輪メダリストの北田さんですよ」などと耳打ちする一幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る