柔道GSではっきり 「負け戦」に重量級選手を出す全柔連の“愚行”

公開日:  更新日:

 日本柔道が最後に失速した。「グランドスラム(GS)東京2013」の最終日は1日、男女5階級を行い、女子78キロ超級は金・田知本愛(24)、銀・山部佳苗(23)の2人が表彰台に上がった。

 一方の男子は米国人を父に持つ90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう)(19)が決勝で09年世界選手権覇者の李奎遠(韓国)に優勢勝ちして金メダルを獲得。男子重量級の金はベイカーの1個のみ。100キロ超級は原沢久喜(21)、百瀬優(24)の2人が準決勝で敗退し銅メダル、100キロ級はメダルなし。2日目までに金を独占した男女の中軽量級とは対照的に男子の重量2階級は不甲斐ない結果に終わった。

 GSは開催国に各階級4枠(他国は最大2枠)を与えられる。中軽量級の躍進は当然、割り引く必要があるとはいえ、地元有利の国際大会ですら勝てない重量級勢の弱体ぶりがあらためてハッキリした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る