柔道GSではっきり 「負け戦」に重量級選手を出す全柔連の“愚行”

公開日:  更新日:

 日本柔道が最後に失速した。「グランドスラム(GS)東京2013」の最終日は1日、男女5階級を行い、女子78キロ超級は金・田知本愛(24)、銀・山部佳苗(23)の2人が表彰台に上がった。

 一方の男子は米国人を父に持つ90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう)(19)が決勝で09年世界選手権覇者の李奎遠(韓国)に優勢勝ちして金メダルを獲得。男子重量級の金はベイカーの1個のみ。100キロ超級は原沢久喜(21)、百瀬優(24)の2人が準決勝で敗退し銅メダル、100キロ級はメダルなし。2日目までに金を独占した男女の中軽量級とは対照的に男子の重量2階級は不甲斐ない結果に終わった。

 GSは開催国に各階級4枠(他国は最大2枠)を与えられる。中軽量級の躍進は当然、割り引く必要があるとはいえ、地元有利の国際大会ですら勝てない重量級勢の弱体ぶりがあらためてハッキリした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る