日本国籍取得の琴欧洲 「親方」の条件はオールクリア

公開日: 更新日:

 関脇の琴欧洲(30)が去る6日、日本国籍を取得していたことが明らかになった。引退後の目標は親方になること。その条件も国籍取得で全て整った。大関経験者ということもあり、独立して部屋を構えることもできる。

 肝心の親方株購入資金も問題ない。佐渡ケ嶽部屋といえばタニマチがしっかりしている部屋。バックアップは十分期待できる。さらに琴欧洲自身もケチで有名。もともとが出稼ぎで相撲を取っているだけに、付け人たちに景気よく小遣いをやるタイプではない。同じ佐渡ケ嶽部屋でも「これでうまいもんでも食えよ」と、気前良くカネをばらまく大関の琴奨菊とは正反対。「琴欧洲は都内某所にある焼き肉屋の常連。安くてうまい店だが、付け人などを連れてくることはほとんどない」(担当記者)というのだから、相当貯め込んでいるのだろう。

 そんな琴欧洲には、「アイツに親方なんて絶対に無理」という声も多い。ある角界OBは「そもそも、何を教えるのか」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

もっと見る