失明した元弟子に提訴された「スイーツ親方」の指導と評判

公開日: 更新日:

 スイーツ親方がまた訴えられた。
 芝田山部屋の元弟子が「暴行で失明した」と、芝田山親方(51=元横綱大乃国)と兄弟子らに、約7000万円の損害賠償を求める訴訟を昨年12月末に起こしていたことが7日、明らかになった。

 元弟子は09年から兄弟子に、土俵外でも一升瓶や木刀で頭を殴られ、12年に失明に至ったと主張。芝田山親方からも数回殴られ、「当時、芝田山親方は稽古場に出てこず、力士の私生活も放置していた」(元弟子の弁護士)としている。

 この元弟子は11年に被害届を出したが、当時は不起訴処分。芝田山親方はこの年、弟子だった元十両大勇武への暴力でも、起訴猶予処分となっていた。

 芝田山親方といえば「スイーツ親方」の愛称で知られ、甘いものに目がなく、スイーツに関する著書も出したことがある。現役時代はマジメ一徹で、いまだに語り継がれるガチンコ力士のひとり。解説でも弁舌さわやかで、マスコミ受けもいい。温和な印象がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る