失明した元弟子に提訴された「スイーツ親方」の指導と評判

公開日:  更新日:

 スイーツ親方がまた訴えられた。
 芝田山部屋の元弟子が「暴行で失明した」と、芝田山親方(51=元横綱大乃国)と兄弟子らに、約7000万円の損害賠償を求める訴訟を昨年12月末に起こしていたことが7日、明らかになった。

 元弟子は09年から兄弟子に、土俵外でも一升瓶や木刀で頭を殴られ、12年に失明に至ったと主張。芝田山親方からも数回殴られ、「当時、芝田山親方は稽古場に出てこず、力士の私生活も放置していた」(元弟子の弁護士)としている。

 この元弟子は11年に被害届を出したが、当時は不起訴処分。芝田山親方はこの年、弟子だった元十両大勇武への暴力でも、起訴猶予処分となっていた。

 芝田山親方といえば「スイーツ親方」の愛称で知られ、甘いものに目がなく、スイーツに関する著書も出したことがある。現役時代はマジメ一徹で、いまだに語り継がれるガチンコ力士のひとり。解説でも弁舌さわやかで、マスコミ受けもいい。温和な印象がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る