• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2月3日断髪式 把瑠都を潰した尾上親方のデタラメ指導

「あの親方でなけりゃ、横綱まで昇進できただろうに……」

 そんな声がいまだに角界で絶えないのが、秋場所直前に引退した元大関の把瑠都(29)だ。198センチ、189キロの巨体を生かした豪快な相撲の半面、力任せの取り口がたたって左ヒザを負傷。十両に転落し、角界を去った。

 ある角界OBは「師匠の尾上親方(元小結濱ノ嶋)の指導がひどすぎた」とこう話す。

「朝稽古は朝8時前後から始まるが、尾上親方が稽古場に姿を見せるのは9時ごろ。指示や注意もほとんどない。親方が『はい、次は四股踏んで』と言っても、弟子たちは体を横に揺らして片足を交互に地面から離すだけ。それを見ても注意すらしない。弟子たちも手を抜き放題。あれではマトモな力士は育たない」

 Tシャツ短パン姿で街をうろつくなど、把瑠都は素行が問題視されたこともある。とはいえ、尾上親方自身も11年には酒気帯び運転で摘発。片側3車線の道路のど真ん中に止めた車の中で泥酔していたほどだ。弟子を注意するどころじゃない。

「尾上親方は一時期は毎晩のように飲み歩いていた。二日酔いで朝稽古に顔を出すなんてザラでしたよ」(前出のOB)

 惜しい才能を潰した尾上親方こそ、引退した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る