日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2月3日断髪式 把瑠都を潰した尾上親方のデタラメ指導

「あの親方でなけりゃ、横綱まで昇進できただろうに……」

 そんな声がいまだに角界で絶えないのが、秋場所直前に引退した元大関の把瑠都(29)だ。198センチ、189キロの巨体を生かした豪快な相撲の半面、力任せの取り口がたたって左ヒザを負傷。十両に転落し、角界を去った。

 ある角界OBは「師匠の尾上親方(元小結濱ノ嶋)の指導がひどすぎた」とこう話す。

「朝稽古は朝8時前後から始まるが、尾上親方が稽古場に姿を見せるのは9時ごろ。指示や注意もほとんどない。親方が『はい、次は四股踏んで』と言っても、弟子たちは体を横に揺らして片足を交互に地面から離すだけ。それを見ても注意すらしない。弟子たちも手を抜き放題。あれではマトモな力士は育たない」

 Tシャツ短パン姿で街をうろつくなど、把瑠都は素行が問題視されたこともある。とはいえ、尾上親方自身も11年には酒気帯び運転で摘発。片側3車線の道路のど真ん中に止めた車の中で泥酔していたほどだ。弟子を注意するどころじゃない。

「尾上親方は一時期は毎晩のように飲み歩いていた。二日酔いで朝稽古に顔を出すなんてザラでしたよ」(前出のOB)

 惜しい才能を潰した尾上親方こそ、引退した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事