開幕後に勃発 パ6球団が群がる「ラミちゃん争奪戦」

公開日:  更新日:

 得意の「ゲッツ!」を決めてご機嫌だった。前DeNAのアレックス・ラミレス(39)は14日、兼任コーチとしてBCリーグ群馬の入団会見を行った。

 昨季は助っ人初の2000本安打を達成したものの、2本塁打、14打点、打率.185でDeNAから戦力外通告。それでも球界では「シーズン中にパ球団の争奪戦になるのでは」ともっぱら。

「DHで打撃に専念させればまだまだやれる。ただ、DeNA退団後すぐにオファーを出せば、足元を見られてそれなりの契約を要求されかねない。独立リーグ経由なら、条件で吹っかけられないだろう、とパ球団は踏んだのです」(球界関係者)

 昨季の年俸3億5000万円から月給40万円プラス、コーチ手当と給料は激減したが、文句は言えない。練習場所と実戦の機会は確保できただけ御の字だろう。「何とか日本で引退したい。高いレベルでやる自信はあるよ」と言うように、後はパ6球団からのオファーを待つだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る