文春側は徹底抗戦 清原「2億5000万円」訴訟の行方は?

公開日: 更新日:

 法外も法外だ。
 26日、週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博(46)が、所属する「オフィスキヨハラ」を通じてマスコミ各社にファクスを送った。

 週刊文春を発行する文芸春秋社に対し、名誉毀損で計2億5000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟の準備を進めている、との内容だ。

 清原は01年にも小学館を相手に訴訟を起こしており、5000万円を請求して1000万円の賠償金を得た。当時は「ストリップ通い」で今回の「薬物疑惑」とは比べものにならないとはいえ、5倍の請求額だ。

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)は「2億5000万円? 猛烈に高すぎます……」と絶句。

「いくらなんでもその額は……。仮に清原氏が勝ったとしても、せいぜい賠償額は1000万円程度ではないか。それにしても2億5000万円は吹っかけすぎです。確かに請求額が大きい方が賠償額も高くなる可能性もあります。しかし、その分、訴訟費用も高くなる。清原氏がこの金額のまま訴訟を起こせば数百万円、1000万円かかってもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る