文春側は徹底抗戦 清原「2億5000万円」訴訟の行方は?

公開日:  更新日:

 法外も法外だ。
 26日、週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博(46)が、所属する「オフィスキヨハラ」を通じてマスコミ各社にファクスを送った。

 週刊文春を発行する文芸春秋社に対し、名誉毀損で計2億5000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟の準備を進めている、との内容だ。

 清原は01年にも小学館を相手に訴訟を起こしており、5000万円を請求して1000万円の賠償金を得た。当時は「ストリップ通い」で今回の「薬物疑惑」とは比べものにならないとはいえ、5倍の請求額だ。

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)は「2億5000万円? 猛烈に高すぎます……」と絶句。

「いくらなんでもその額は……。仮に清原氏が勝ったとしても、せいぜい賠償額は1000万円程度ではないか。それにしても2億5000万円は吹っかけすぎです。確かに請求額が大きい方が賠償額も高くなる可能性もあります。しかし、その分、訴訟費用も高くなる。清原氏がこの金額のまま訴訟を起こせば数百万円、1000万円かかってもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る