• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文春側は徹底抗戦 清原「2億5000万円」訴訟の行方は?

 法外も法外だ。
 26日、週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博(46)が、所属する「オフィスキヨハラ」を通じてマスコミ各社にファクスを送った。

 週刊文春を発行する文芸春秋社に対し、名誉毀損で計2億5000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟の準備を進めている、との内容だ。

 清原は01年にも小学館を相手に訴訟を起こしており、5000万円を請求して1000万円の賠償金を得た。当時は「ストリップ通い」で今回の「薬物疑惑」とは比べものにならないとはいえ、5倍の請求額だ。

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)は「2億5000万円? 猛烈に高すぎます……」と絶句。

「いくらなんでもその額は……。仮に清原氏が勝ったとしても、せいぜい賠償額は1000万円程度ではないか。それにしても2億5000万円は吹っかけすぎです。確かに請求額が大きい方が賠償額も高くなる可能性もあります。しかし、その分、訴訟費用も高くなる。清原氏がこの金額のまま訴訟を起こせば数百万円、1000万円かかってもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る