• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文春側は徹底抗戦 清原「2億5000万円」訴訟の行方は?

 法外も法外だ。
 26日、週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博(46)が、所属する「オフィスキヨハラ」を通じてマスコミ各社にファクスを送った。

 週刊文春を発行する文芸春秋社に対し、名誉毀損で計2億5000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟の準備を進めている、との内容だ。

 清原は01年にも小学館を相手に訴訟を起こしており、5000万円を請求して1000万円の賠償金を得た。当時は「ストリップ通い」で今回の「薬物疑惑」とは比べものにならないとはいえ、5倍の請求額だ。

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)は「2億5000万円? 猛烈に高すぎます……」と絶句。

「いくらなんでもその額は……。仮に清原氏が勝ったとしても、せいぜい賠償額は1000万円程度ではないか。それにしても2億5000万円は吹っかけすぎです。確かに請求額が大きい方が賠償額も高くなる可能性もあります。しかし、その分、訴訟費用も高くなる。清原氏がこの金額のまま訴訟を起こせば数百万円、1000万円かかってもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る