• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ競泳金候補 萩野公介と瀬戸大也に「仲良し」はいらない

 世界最速対決の軍配は萩野に上がった。

 10日、仁川アジア大会などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権が開幕。初日の400メートル個人メドレーで、昨季同種目の世界ランク1位の萩野公介(19=東洋大)と昨季世界選手権同種目金メダルで同2位の瀬戸大也(19=早大)が登場。萩野が4分7秒88で3連覇し、瀬戸は4分12秒30で2位。ともにアジア大会などの代表を確実にした。

 リオ五輪では日本競泳界のエースとして期待される2人は同学年のライバル。萩野も瀬戸も「アイツには負けたくない」と、互いに対抗意識を口にしているがプライベートでは大の親友同士でもある。

■仲が良すぎるライバル問題

 遠征や合宿で一緒の際には食事したり、街に買い物に出るなど、よく行動を共にする。素顔は普通の大学生とはいえ、日本の競泳界を牽引する2人だ。しのぎを削らなければならない立場にいながら、互いを牽制したり、敵対視することもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る