リオ五輪惨敗危機 JOCの遅すぎる始動に競技関係者呆れ顔

公開日:  更新日:

 早くも16年ブラジル・リオ五輪での惨敗が、確実な状況になってきた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、各競技団体の強化担当者を集めたコーチ会議を開き、16年夏季五輪に向けた「リオデジャネイロ対策プロジェクト」分科会では呆れた事実が明らかになった。米国や豪州、英国などメダル量産国と比べて、日本のリオに向けた準備が後手に回っているというのだ。

 開催国の組織委員会は競技場や輸送手段の確保などインフラ整備はもちろん、選手の家族が宿泊するホテルを用意するなど、毎回、手厚い受け入れ態勢を整えるものだが、リオは事情が異なる。JOC関係者によれば「リオの組織委員会(OCB)は事前準備などは全て各国五輪委員会任せ。ブラジルの国民性かも知れないが、こんな扱いは初めて」だと嘆く。

 OCBの不誠実な対応に、JOCは早くも白旗だ。開幕前の事前合宿地や現地での練習会場などは「各競技団体(NF)で準備を進めてほしい」と丸投げ。「現地の有益な情報があれば提供していただきたい」と頼み込んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る