リオ五輪惨敗危機 JOCの遅すぎる始動に競技関係者呆れ顔

公開日:  更新日:

 早くも16年ブラジル・リオ五輪での惨敗が、確実な状況になってきた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、各競技団体の強化担当者を集めたコーチ会議を開き、16年夏季五輪に向けた「リオデジャネイロ対策プロジェクト」分科会では呆れた事実が明らかになった。米国や豪州、英国などメダル量産国と比べて、日本のリオに向けた準備が後手に回っているというのだ。

 開催国の組織委員会は競技場や輸送手段の確保などインフラ整備はもちろん、選手の家族が宿泊するホテルを用意するなど、毎回、手厚い受け入れ態勢を整えるものだが、リオは事情が異なる。JOC関係者によれば「リオの組織委員会(OCB)は事前準備などは全て各国五輪委員会任せ。ブラジルの国民性かも知れないが、こんな扱いは初めて」だと嘆く。

 OCBの不誠実な対応に、JOCは早くも白旗だ。開幕前の事前合宿地や現地での練習会場などは「各競技団体(NF)で準備を進めてほしい」と丸投げ。「現地の有益な情報があれば提供していただきたい」と頼み込んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る