リオ五輪惨敗危機 JOCの遅すぎる始動に競技関係者呆れ顔

公開日: 更新日:

 早くも16年ブラジル・リオ五輪での惨敗が、確実な状況になってきた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、各競技団体の強化担当者を集めたコーチ会議を開き、16年夏季五輪に向けた「リオデジャネイロ対策プロジェクト」分科会では呆れた事実が明らかになった。米国や豪州、英国などメダル量産国と比べて、日本のリオに向けた準備が後手に回っているというのだ。

 開催国の組織委員会は競技場や輸送手段の確保などインフラ整備はもちろん、選手の家族が宿泊するホテルを用意するなど、毎回、手厚い受け入れ態勢を整えるものだが、リオは事情が異なる。JOC関係者によれば「リオの組織委員会(OCB)は事前準備などは全て各国五輪委員会任せ。ブラジルの国民性かも知れないが、こんな扱いは初めて」だと嘆く。

 OCBの不誠実な対応に、JOCは早くも白旗だ。開幕前の事前合宿地や現地での練習会場などは「各競技団体(NF)で準備を進めてほしい」と丸投げ。「現地の有益な情報があれば提供していただきたい」と頼み込んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る