• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ助っ人メルマンは「打って走れる」森脇監督好み

 昨季、144試合に出場して3割1分9厘、40盗塁。打って走れるうえに、リーグ最高出塁率(4割1分8厘)をマークした西武の文句なしの核弾頭だった。

 それが結果として自由契約に。年俸1億円(昨年から700万円増)でオリックス入りしたときには「例えばヒジを故障してるとか、どうせキズ物をつかまされたんだろう?」という声が球団内部から上がったほど。

 そんなヘルマン(36)が、10日夜のロッテ戦の七回、左翼スタンドに逆転3ラン。オリックスは核弾頭の値千金のひと振りで、3カード連続勝ち越しを決めた。

「フルカウントだったので、粘り強くいこうと思ったんだ。手応えは最高だった。自分に最も大切なのは塁に出ること。相手に嫌がられる選手でありたい」(ヘルマン)

 守備位置はバルディリス(現DeNA)の守っていた三塁。二塁への盗塁はほとんどヘッドスライディングという猛者で、ミーティングでは首脳陣に質問をぶつける熱心さも併せ持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る