オリ助っ人メルマンは「打って走れる」森脇監督好み

公開日: 更新日:

 昨季、144試合に出場して3割1分9厘、40盗塁。打って走れるうえに、リーグ最高出塁率(4割1分8厘)をマークした西武の文句なしの核弾頭だった。

 それが結果として自由契約に。年俸1億円(昨年から700万円増)でオリックス入りしたときには「例えばヒジを故障してるとか、どうせキズ物をつかまされたんだろう?」という声が球団内部から上がったほど。

 そんなヘルマン(36)が、10日夜のロッテ戦の七回、左翼スタンドに逆転3ラン。オリックスは核弾頭の値千金のひと振りで、3カード連続勝ち越しを決めた。

「フルカウントだったので、粘り強くいこうと思ったんだ。手応えは最高だった。自分に最も大切なのは塁に出ること。相手に嫌がられる選手でありたい」(ヘルマン)

 守備位置はバルディリス(現DeNA)の守っていた三塁。二塁への盗塁はほとんどヘッドスライディングという猛者で、ミーティングでは首脳陣に質問をぶつける熱心さも併せ持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る