オリ助っ人メルマンは「打って走れる」森脇監督好み

公開日:  更新日:

 昨季、144試合に出場して3割1分9厘、40盗塁。打って走れるうえに、リーグ最高出塁率(4割1分8厘)をマークした西武の文句なしの核弾頭だった。

 それが結果として自由契約に。年俸1億円(昨年から700万円増)でオリックス入りしたときには「例えばヒジを故障してるとか、どうせキズ物をつかまされたんだろう?」という声が球団内部から上がったほど。

 そんなヘルマン(36)が、10日夜のロッテ戦の七回、左翼スタンドに逆転3ラン。オリックスは核弾頭の値千金のひと振りで、3カード連続勝ち越しを決めた。

「フルカウントだったので、粘り強くいこうと思ったんだ。手応えは最高だった。自分に最も大切なのは塁に出ること。相手に嫌がられる選手でありたい」(ヘルマン)

 守備位置はバルディリス(現DeNA)の守っていた三塁。二塁への盗塁はほとんどヘッドスライディングという猛者で、ミーティングでは首脳陣に質問をぶつける熱心さも併せ持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る