日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ助っ人ペーニャの開花はSB時代の“財産”のおかげ

 オリックスの助っ人・ペーニャ(32)が、開幕から本塁打を量産している。

 3日の楽天戦の第1打席で、「ビデオ判定」を仰ぎながらも、前日から3打席連続となる第5号を右翼フェンス際に放った。

 これで開幕6試合で5本塁打。打率も.435と絶好調だ。昨オフ、打撃不振でソフトバンクを「クビ」になった助っ人に何があったのか。

 大きな要因は右ヒザ痛の回復だ。体重120キロ。もともと巨漢だけに、メジャー時代から「ヒザ痛持ち」だった。昨年も序盤からその痛みに悩まされ、7月に帰国して半月板縫合手術を行ったほど。ソフトバンクはヒザに不安のあるペーニャに見切りをつけたものの、本人は「手術のおかげで、ヒザの痛みがなくなった」と周囲に話していたという。打撃時の懸案事項が解消されていたのである。


■SB首脳陣のアドバイスが生きた

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事