ただいま三冠王! 阪神マートンが秘める「4割」の可能性

公開日:  更新日:

 ちょっと気が早いが、期待をもたせる数字だ。

 開幕から絶好調のマートン(32)は、11日の巨人戦を終えての打率がなんと.479。25打点(リーグ1位)、5本塁打(同1位)と堂々たる数字で、現在“リーグ三冠王”。押しも押されもせぬ阪神のポイントゲッターだ。

 マートンはこれまで最多安打を3度記録。10年の214安打はプロ野球(NPB)記録を更新。首位打者のタイトルこそないが、日本球界を代表するヒットメーカーだ。

 そこでファンが夢見るのが夢の4割だ。メジャーではこれまで8人の打者が延べ13度、打率4割をマーク。とはいえ、1941年のテッド・ウィリアムズ(.406)以来出ていない。NPB記録は86年に三冠王のバースが出した.389が最高。マートンはNPB史上初の4割打者になれるのか。日米プロ野球の記録に詳しく、「4割は打てる!」(新潮新書)の著者である小野俊哉氏(スポーツアクセス代表)は、「可能性はある」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る