日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ただいま三冠王! 阪神マートンが秘める「4割」の可能性

 ちょっと気が早いが、期待をもたせる数字だ。

 開幕から絶好調のマートン(32)は、11日の巨人戦を終えての打率がなんと.479。25打点(リーグ1位)、5本塁打(同1位)と堂々たる数字で、現在“リーグ三冠王”。押しも押されもせぬ阪神のポイントゲッターだ。

 マートンはこれまで最多安打を3度記録。10年の214安打はプロ野球(NPB)記録を更新。首位打者のタイトルこそないが、日本球界を代表するヒットメーカーだ。

 そこでファンが夢見るのが夢の4割だ。メジャーではこれまで8人の打者が延べ13度、打率4割をマーク。とはいえ、1941年のテッド・ウィリアムズ(.406)以来出ていない。NPB記録は86年に三冠王のバースが出した.389が最高。マートンはNPB史上初の4割打者になれるのか。日米プロ野球の記録に詳しく、「4割は打てる!」(新潮新書)の著者である小野俊哉氏(スポーツアクセス代表)は、「可能性はある」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事