ただいま三冠王! 阪神マートンが秘める「4割」の可能性

公開日: 更新日:

 ちょっと気が早いが、期待をもたせる数字だ。

 開幕から絶好調のマートン(32)は、11日の巨人戦を終えての打率がなんと.479。25打点(リーグ1位)、5本塁打(同1位)と堂々たる数字で、現在“リーグ三冠王”。押しも押されもせぬ阪神のポイントゲッターだ。

 マートンはこれまで最多安打を3度記録。10年の214安打はプロ野球(NPB)記録を更新。首位打者のタイトルこそないが、日本球界を代表するヒットメーカーだ。

 そこでファンが夢見るのが夢の4割だ。メジャーではこれまで8人の打者が延べ13度、打率4割をマーク。とはいえ、1941年のテッド・ウィリアムズ(.406)以来出ていない。NPB記録は86年に三冠王のバースが出した.389が最高。マートンはNPB史上初の4割打者になれるのか。日米プロ野球の記録に詳しく、「4割は打てる!」(新潮新書)の著者である小野俊哉氏(スポーツアクセス代表)は、「可能性はある」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  10. 10

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る