菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

ボールを目標線に真っすぐ放る

公開日:  更新日:

 右手の振り抜き方を覚えるためのドリル(練習法)をボブ・トスキのゴルフスクールで教わったことがある。

 右手にボールを持って、目標線をイメージしたら、実際にスイングするときのように目標線にスタンスを平行に向けて構える。

 ボールを持った右手を9時ぐらいまでバックスイングしたら、実際にスイングするときのように腕を振り下ろし、4時とか3時ぐらいまで振り抜いてボールを放ってみる。右手のひらはクラブフェースだと思えばよい。

 果たして目標線上にボールを落とせるかどうか。恐らく狙ったところよりボールは右に出ていく人が多いと思う。
「目標線の右にボールが落ちるとしたら、狙った方向に右手を真っすぐ振ってやって、手のひらを目標に向けておこうとするため。右手を振り抜いたとき、右腕は目標線と平行になり、右手首の角度を変えずに振り抜いて、右手のひらが体の後ろを向かないとボールは目標線上に落とせない」(トスキ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る