当落線上50位 柏原明日架は「能天気」武器にシード権取れるか

公開日:  更新日:

【大王製紙エリエールレディス】

 女子プロは、今大会で決まる来季のシード権(賞金ランク50位以内)争いが話題になっている。

 現在、「当落線上」の50位(1728万6000円)にいるのはプロ転向2年目の柏原明日架(19)だ。

 名前と顔が一致しないファンも、10月の日本女子オープン最終日、首位に1打差の2位から発進し、17番(パー3)の第1打を池に入れ、優勝争いから脱落した選手と言えば思い出す者も多いだろう。先週はウエーティングで吉報を待つも、結局出られず、今週も繰り上げでの出場となった。

「シード権のボーダーライン上の選手は通常の試合よりかなり緊張するものだが、明日架は能天気というか、自分の置かれている立場を重く考えたり、プレッシャーを感じるタイプではない。シード権を取る、取らないの差は、天国と地獄とさえいわれるが、明日架はシードがダメでも、『最終クオリファイングで上に行けばいいでしょ』ぐらいに、ちっとも気にしていません」とは、関係者の解説である。

 柏原はアマ時代からツアーで活躍する大型プレーヤーだ。打倒韓国勢の若手として期待が大きいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る