• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

ベストショットはアドレスから

投稿日:  更新日:

 練習場ではまずまずのショットを打っている人でもコースに出るとドライバーがよく曲がるのはどうしてなんだろう。練習のときと違って、コースを回るときは一打一打にプレッシャーがかかるからだろうか。

 プロに聞いてみると、「スイングよりスタンスの向きに問題がある。アベレージゴルファーの80%ぐらいの人は目標よりだいぶ右を向いて構えている」とよくいわれる。

 同伴プレーヤーのアドレスを後方から見ていると、確かに右のラフのほうにスタンスを向けて構えている人が多い。

 アドレスした後、両足のつま先にシャフトをあてがっておいて、後方から確かめてもらうと、かなり右を向いていることに気がついてびっくりする人が多い。

 プロのアドレスの仕方(順序)を見ていると、必ずクラブフェースから入っている。最初にヘッドをボールの後ろにセットし、フェースを目標に向けてからスタンスの位置を決めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る