菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

ベストショットはアドレスから

公開日:  更新日:

 練習場ではまずまずのショットを打っている人でもコースに出るとドライバーがよく曲がるのはどうしてなんだろう。練習のときと違って、コースを回るときは一打一打にプレッシャーがかかるからだろうか。

 プロに聞いてみると、「スイングよりスタンスの向きに問題がある。アベレージゴルファーの80%ぐらいの人は目標よりだいぶ右を向いて構えている」とよくいわれる。

 同伴プレーヤーのアドレスを後方から見ていると、確かに右のラフのほうにスタンスを向けて構えている人が多い。

 アドレスした後、両足のつま先にシャフトをあてがっておいて、後方から確かめてもらうと、かなり右を向いていることに気がついてびっくりする人が多い。

 プロのアドレスの仕方(順序)を見ていると、必ずクラブフェースから入っている。最初にヘッドをボールの後ろにセットし、フェースを目標に向けてからスタンスの位置を決めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る